youtubeで吹き出しをつけてみた

弊社で扱っているシングルサインオン製品:エンタープライズシングルサインオン AccessMatrix™ Universal Sign-On (USO) 概要 を説明するために昔動画を作った。ユーザーの代わりにクライアントがID/パスワードを代理入力する製品なので動きがありそれを説明するには動画が最適だと思ったからだ。

プレゼンの時には役に立った

もともとは実際に評価環境をノートPCに入れてデモをしていたのであるが、ノートPCは非力でパフォーマンス的な問題があり、それでこの時に作った動画を利用してみた。動画には音声がなかったがプレゼンの時はこの動画に合わせて話をするので特に問題はなかった。

youtubeでは意味がわかんなかったでは?

たぶん、youtubeで見ても意味がわかんなかったのではないと思う。

最近、プライベートでもyoutubeを見ており、動画でなにか表現したら面白いかもと思っていろいろ調べてみた。

音声を付け加えることができると思っていたが、調べた限りBGMをつけるという機能でアテレコではなかった。

つぎに字幕をつけようと思ったが、操作が難しく字幕ファイルを作成する必要があるのに気付いたのとユーザーがその都度字幕をみるか指定することが必要だと思ったので現実的でないと思いました。

アノテーションがある!って気づいた

アノテーションという言葉は意味がわからなかったのでyoutubeのメニューで見た時はスルーしていたが、よく見てみると吹き出しだった。

youtube-anotationそこで、挑戦して作ってみることにした。

上の図を見れば分かる通り吹き出しの位置をマウスで調整し、そこに入れる言葉と表示される時間を指定することで比較的簡単に調整できることがわかった。こんなに簡単であればもっと早くしておけばよかったと思った。

完成品はこちら、

次回から作るとしたら

とはいえ動画に音声がないのはちょっとさびしいので次回もこのような紹介ビデオを作成するとしたらちゃんと喋った声を入れたい。

また、近いうちに字幕も作ってみようと思う。

あと気づいたのはやっぱり動画はわかりやすく伝えられる部分があると思うし、youtubeなどのメディアで簡単に掲載してもらえるのでこれからは積極的に活用したいと考えている。

 

コメントを残す