#偽2CH騒動 調べてみた その3 何が本当で何が未確定情報なのか?

#偽2CH騒動について最初に気づいたのはツイッターで「ひろゆき、2ちゃんねるは乗っ取られたと発表。 – ガジェット通信」が貼られているのを見たからです。この後いろいろなことが発生したりしていろいろな情報が錯綜しているので何が本当で何が嘘かよくわからないのでそれについて整理してみようと思います。

いままで流れている情報では本当のことでないのにあたかも本当のことのように情報が流れていたりするのでそのあたりのことについて考察したいと思います。

この記事を書くつもりになったのは、いままで書いてきたことで疑問に思ったことをひろゆきの発言に照らしあわせて検証しようとおもっていろいろ見たのですが、彼の発言には多くの嘘が含まれているように思ったからです。

よくよく考えれば、この騒動を収めるには何もみんなが見えるところで発現する必要はありません。問題が生じているジム・ワトキンス氏(以下ジム)と交渉すればいいだけです。

このような状態になったのはジムとひろゆきに交渉が全然うまくいっておらず、なぜかわかりませんが今すぐにでも解決する必要が生じたので騒ぎを大きくする以外に方法がないからではないかと思います。

そのような状態のときに彼は本当のことをいう必要はありません。できるだけジムが悪い人だと印象付けるような行動をとればいいだけなのでジムが悪い人だということに終始するはずです。なので彼から出る話は嘘と思って聞いたほうが後々話を整理した時に整合性が取れるのではないかと予想しています。

一方でこの騒動でいろいろ人がいろいろな意見をいっていますが何が本当で何が嘘なのかいろいろな話が混ざっているので、一旦自分のためにも何が本当に起こっていることか整理してみることにしました。

確実に起こっていること

まずは絶対に間違いのない情報から上げていこうと思います。

  • 2ch.netはジムが代表を務めるRacequeen inc がドメインを登録していること
  • 2ch.netの管理権については少なくても現時点(2014/4/25)ではひろゆきは持っていないこと
  • 2014/2/19からはひろゆきはじめ旧運営が2ch.netには全く管理できなくなったこと
  • 2014/2/19には偽2chをホストするためのドメイン2ch.scをvalue domain経由で所得したこと
  • 2014/3に住民投票で転載禁止が決定された。転載禁止により2ch.netは衰退し多くの人はおーぷん2ちゃんねるに行くのではないかと危惧する声もあったがいまのところ大規模な移動は起こっていない様子。(記事 番外1
  • 2ちゃんねるのデータを扱っていた株式会社ホットリンクが2014/3/10に2014/3/6からデータ取得ができていなかったことを公表したが、2014/3/20からサービスの提供を再開したと発表(「IRニュース | 株式会社ホットリンク」)
  • 2014/4/1に2ch.scをひろゆきが立ち上げジムに対するコメントを発表(「ひろゆき、2ちゃんねるは乗っ取られたと発表。 – ガジェット通信」)
  • 2014/4/11夜に2ch.scで掲示板が利用できるようになる。書き込みは2ch.netのコピーであるが、2ch.scに書き込んでも2ch.netには反映されない仕様と、2ch.netで書き込むとデフォルトで「転載禁止」が名前に入るが、2ch.scではその部分を削除している
  • 2ch.scにクロールされたものを正しくないデータを渡すことで2ch.netは対策したが、今は2ch.sc側で対策されクロールされている。(「2ch.scがクローリングを封じられる」)
  • 当初はまとめサイトがおーぷん2ちゃんねるからしか転載していなかったのが、アクセス数が大幅に減ったのか「痛いニュース」を始めいろいろなサイトが2ch.netを転載した2ch.scから転載し始めた。(「ネトウヨの親玉「痛いニュース」が、2ちゃんねるからの転載再開 | ブログ運営のためのブログ運営」)
  •  現在、2ch.netと2ch.scの書き込み数は300倍ほどあり、2ch.scはかなり苦戦しているといっていい(記事 

正確な情報ではないかもと注意しなければいけないと思う情報

いろいろ情報が出てきているのですが、多分これは真実ではないかもと感じたところを上げていきたいと思います。また上げるだけでなく根拠も上げていきます。

 データベースはひろゆき一派が持っている?

データベースの権限は西村博之にある。JIMの2ちゃんねるは繋がらなくなるらしい。 | ブログ運営のためのブログ運営

これは完全にデマだと思います。なぜならデータベースがありそれがひろゆきに権限があるのであれば、2ch.scを立ち上げる必要もないし、そもそもクロールされることもなかったと思います。

この情報が出たのは4月5日でまだひろゆきの手に何があるか疑心暗鬼だった頃でこの情報の審議が確かめようがありませんでしたが、今思えばこれが本当であれば2ch.scで声明をだす必要もないので

ドメイン”2ch.net”を奪おうとし、2ch.netのデーターを削除しようとした?

DNSのことについては詳しくないのですが2ch.netがダウンしたタイミングでIIS社が発表したリリースとひろゆきの発言からとそのタイミングがうまい具合に重なったからいろいろな憶測がされたのかなと思います。表題に上がった話題は定説のようになっていますが、真実はちょっと違うのかなと思っています。

西村側はDNSの操作で2ch.netを奪還しようとしたらしい? | ブログ運営のためのブログ運営

こちらでは最後に

DNS関連でゴタゴタがあったのは確かなようだが、細かい部分に関しては謎である。
常に嘘の情報が流されるのが2ちゃんねるである。
あまり厳密な正解は求めない方がいいだろう。

とあり何が真実であるかはなんとも言えないし将来的にもわからない可能性が高いだろうといっています。

2ちゃんねる関連サーバーダウン問題まとめ – 2ちゃんねる戦争私見まとめ ~偽2ちゃんねる騒動~」

2ちゃんねる戦争私見まとめ ドメインをめぐる争い – 2ちゃんねる戦争私見まとめ ~偽2ちゃんねる騒動~

これらの記事を見ると、やはりドメインを管理していたIIS社と2ch.netのドメインを管理しているN.T.Technology社の間でなにか問題が起こっている間に2ch.netに障害があったことだけは確実にいえることなんだろうなと思います。

ここでIIS社のリリース(http://iis.jp/server/news/2014/20140416.html)を見てみると

弊社では引き続きお客様のドメインアクセスが復旧できるよう手を尽くしてまいりますが、
弊社との連絡手段の一部を遮断するなど、要請にも応じる様子が見られませんため、
お客様のドメインについて、ドメインの管理者としてロック解除の要請等、NTTEC社にお問い合わせの上ご協力下さい。

とあり、ここでいう「お客様のドメイン」に2ch.netが含まれているかどうかはわかりません。

また、2ch.netのデータを破壊しようとした件については

http://sweet.2ch.sc/test/read.cgi/patisserie/1397402663/

743 :ひろゆき@どうやら管理人 ★:2014/04/16(水) 08:01:08.72 ID:???
そいや、.scを立てた理由として、
ドメイン管理会社のtucowsには、話はしていて、
裁判の結果が出たら、ドメインの管理権を移行してもらうことになってるのですね。
んで、ドメインは戻ってくるんですけど、
Jimが自爆テロとかやると、サーバごとデータを消されちゃうので、
受け入れ体制を作らなきゃいけないということに、
弁護士さんと話をしてて、気付いたってのもあります。

で、Jimが自爆テロをするとひろゆきがいったのでタイミングがタイミングだけに憶測でデータを削除しようとしたのだろうと思った人も多いのかもしれません。

ひろゆきの発言を見てみると「tucowsには、話していて、裁判の結果が出たら」とかなりスパンが長い話をしているので、この事件が起こったタイミングとこの発言がされたタイミングがたまたま偶然あっただけであんまり深い意味がないとも読めます。

技術的にいうとドメインはダッシュできてもデータを削除させるのは難しいと思います。素直に読むと2ch.netがジムの手から離れると自暴自棄になって自分から消すだろうといったことしか言っていないようにも見えます。

ひろゆきが言っていることにはかなり嘘が含まれていると思われるのでこの発言だけで彼がどうしようとしたかは残念ながら判断できません。

この点についてはわからないことが多すぎるのと仮に指摘されているような問題があったとしても現在は一旦は解決していると思われるので今後はこの点については必要がない限り言及しないようにします。

裁判になればきっとこの辺りのこともわかるかと思いますが、裁判にならない(正確に言うとできない)と思うのでこの点については真相はわからないだろうと思いますし、この騒動が収まる頃にはきっと小さな話題になっているような気がします。

ひろゆきが一方的に主張していて必ずしも正しいと判断できない部分

この騒動でひろゆきが2ch.scだけでなく2ch.netにも出張していろいろ発言していますが、第三者が正しいかどうか判断ができないことを一方的に主張しています。

そのことについて上げていきます。

2ch.netはひろゆきの持ち物では現時点では言えない

ひろゆきは自分が2ちゃんねるの権利を持っているとあらゆるところで吹聴しています。

一方ジムのほうは2ch.netの正式な所有者は自分であることを主張しています。また、登録情報だけを見ると残念ながらジムがいっていることのほうが正しいように見えるのも事実です。

また、2ちゃんねるを譲渡したとブログに書いたり、それをネタにした題名をつけた本を出したり、自身が取締役を務めている会社も2ちゃんねるの管理人でないことを主張して裁判まで起こそうとしています。(記事

このようなことをひろゆきは今まで主張していたので、2ちゃんねるに強い関心を持っていない人間からすると今更ひろゆきは何をいっているんだと思うはずです。

彼は裁判をすることをほのめかしておりますが、表面から見える部分ではジムが2ch.netの正式な所有者に見えるので表面では見えていない部分をちゃんと説明して、「だからひろゆきが2ちゃんねるの権利者である」と認めさせるまでは誰もひろゆきが正しいと言えないのではないでしょうか?

また、今回2ch.scに人が移動しないところを見ると、いまさらひろゆきが権利者だといってそれを尊重する人はびっくりするくらい少ないだろうと推測できます。違う見方をすれば管理人は誰でもよくって2ch.netのドメインだけが重要なのかもしれません。

 転載禁止は無効って宣言できるの?

2ちゃんねるはひろゆきの持ち物だから自分が管理できていなかった間に決まったことは無効と宣言しています。

転載禁止はなにもジムが一方的に決めたことではなく住人が話し合って決めたルールなので、たとえひろゆきが管理権限があってもそのような話にいずれなっていたはずです。

また2ちゃんねるでは書き込むときに掲示板に権利が移るみたいなことが書いてありますが、ヤフー掲示板などでは著作権は書き込んだ人に属するようです。

また、電子掲示板など、不特定または多数のお客様がアクセスできるサービスに対してお客様が投稿などをしたコンテンツについては、お客様または当該コンテンツの著作権者に著作権が帰属します。

第1編 基本ガイドライン – サービス利用規約 – ヤフー株式会社から抜粋

ここで2つの問題があると思います。

  • 2ch.netはひろゆきのものだと言い切れる状態ではない段階で転載禁止と言われているコンテンツをまるまる持ってきて他のところに転載してもいいよという権限があるのか?
  • 2ちゃんねるでは掲示板の書き込みは2ちゃんねるのものと言われているがそれはほんとうに正しいことなのか?

1番目の問題は2ch.netを所持していない人間が行うにはかなりリスクが高い問題だと思います。

2番めの問題についてはそれが嫌だったら2ちゃんねるに書かなければいいと言う問題です。なので現時点ではあまり問題にはならないかもしれません。

ただ、2ちゃんねるは書き込む人が少ないと全然盛り上がらない掲示板になります。書き込んだ人がアクセスをアップするために情報を操作して転載し、アフィリエイトで稼がれるのを見るとがっかりして書き込むのをやめるかもしれません。

ひろゆきがいっていることが正しいと仮定して2ちゃんねるは自分のもので書き込まれたものも自分のもので、それによってお金を得られることがあっても書き込んだ人にやらずに、それを面白おかしくかいた人が収入を得るのを推奨するようなことをいって嬉しいと思う人は少ないと思います。一言でいうとかなり歪で健康的でない状態といえるでしょう。

この話題を突き詰めると結局2ちゃんねるは誰のものかという話になります。上の例では書き込んだ人のメリットは全くなく、アンフェアなことをした人しか得をしないのであれば、長い目で見ると掲示板に書く人が減ることが予想されます。書き込む人が少なくなれば2ちゃんねるの価値はかなり下がるので書き込む人を減らさない方策が必要になります。

仮に今のまま2ch.netがひろゆきの手に戻っても盛り上がっている板から人が減るかもしれません。ただ彼はその点については間違いなく天才なので彼の手に戻ったらしれっと転載禁止を宣言するだろうと思います。このあたりの話題については話が長くなるのでまたの機会に説明したいと思います。

ジムにはお金がないので今月中にでも閉鎖するかもって本当か?

ジムにはお金がないので困っているはずだとちょくちょく話題になっているし、ひろゆきもその手の話には言及しています。

特に広告代理店がいろいろ移ったりしたり、その会社の取締役にひろゆきがいることでジムにはお金がないから明日にでも2ch.netは閉鎖するかもと思っている人もそれなりに多いでしょう。

2ch.scのスレで発言した内容を見て心配になった人いると思います。もとのスレのURLはわかりませんが

西村ひろゆきscレス検証総合  Part.2
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1397641659/97 から抜粋

883 :ひろゆき@どうやら管理人 ★[]:2014/04/17(木) 19:49:07.79 ID:???
>>877
.netに広告を出してもらって、広告費はこっちで貰おうかなと。

といっているのでもしかすると2ch.netに広告を出してもひろゆきに吸い取られる可能性についても否定はできないと思います。

この件については「2ちゃんねる戦争私見まとめ 広告代理店騒動 – 2ちゃんねる戦争私見まとめ ~偽2ちゃんねる騒動~」で考察されています。

詳細についてはリンク先を読んでいただきたいですが、心配して質問している人に対してただ一言「”NUTS” – BG A.C. McAufiffe 」と答えたそうです。

訳 ”馬鹿め!” -A・C・マコーリフ

アンソニー・クレメント・マコーリフ(Anthony Clement McAuliffe、1898年7月2日 – 1975年8月11日)は、アメリカ合衆国の軍人。第二次世界大戦のバルジの戦いで第101空挺師団長代理として師団を指揮し、ドイツ軍の降伏勧告に対して「Nuts!(バカめ!)」の一言をもって回答したことで有名である。

ジムの反応を見ていると今すぐの閉鎖ということはなさそうです。

まとめ

とりあえず2014/4/25の時点ではひろゆきが一方的に権利を主張しているが、2ch.netは未だに彼の手には戻っていません。

また、まとめながら気がついたのですがひろゆきの書き込みを見るとどうとでも取れるような書き方をしているので、嘘をついているように感じますがそうではなくそのような文章しか書けず、読んだ人がいろいろ想像して話を膨らましてしまう点もあるのかなと思います。

いままでは、そのような話し方で得をしたことがたくさんあったのかもしれません。自分があんまり深く考えずに言った一言を周りの人がいろいろ汲んで勝手に行動してくれるということもあったのかなって想像します。

ジムはお金がないと言っている一方で「ひろゆき、2ちゃんねるは乗っ取られたと発表。 – ガジェット通信」では

金額にして、52万ドル、日本円にして5000万円以上の送金をしました。
契約上では、1年間に24万ドルの契約ですので、レンタルサーバ代の送金額が不足していたという事実は全くありません。

と払うべきお金よりもはるかに多くのお金を払ったことを示唆していますが、それだとなぜお金がないといっている説明と矛盾しているような気がします。

その都度都度で聞かれる質問に対してはそれっぽい回答ができますが、前に言った話と合わせると整合性がなくかなり行き当たりばったりな人なのかなといった印象があります。

次回はひろゆきの話を書いているのに私が飽きてきたので、ちょっと話題をかえて、まとめサイトの問題について整理したいと思います。

関連ページ

#偽2CH騒動 本気ではないコピーサイト2CH.SCは定着しないだろう

#偽2CH騒動 について調べてみました。 その1

#偽2ch騒動 調べてみた その2  2014/2/19から4月上旬まで何があったか

コメントを残す