「考察」カテゴリーアーカイブ

サイバー攻撃に備える – パスワード管理

最近、サイバー攻撃として、メディアを賑わしている手法がある。

  • リスト型攻撃(リスト型アカウントハッキングとも言う)による不正ログイン
  • マン・イン・ザ・ブラウザによる銀行口座からの不正送金
  • 標的型攻撃による国家機密、個人情報などの漏洩  等々

標的型攻撃は、政府、官公庁などの公的な組織、民間企業をターゲットとしているものの、他のどれもが、我々一人一人の個人的な活動の中で、攻撃に遭遇し、直接的な金銭的被害を被る恐れがある。

でも、数年前は、システムの停止や混乱を目的とした、愉快犯と言うと言い過ぎだろうが、腕試し的なハッキング活動の方が多かったと思う。

ウィルスも、2000年に流行った「LOVELETTER」もしくは「I LOVE YOU」として知られるメールウィルスは、当時、世界中で4,500万台が感染したという。被害内容は、Outlookのアドレス帳に登録されたメールアドレスすべてに、自動的に自分の複製を送りつけ、特定の拡張子のファイルをハードディスクの中から探し出し、自分の複製を上書きすることで破壊したという。<参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/LOVELETTER>

21世紀に入り、金銭的目的のサイバー攻撃が増えた。それに加え、最近では、ハクティビストと言い、社会的や政治的な目的のためにハッキング活動をするような攻撃も増えている。ハクティビストとしてはAnonymousと呼ばれる集団が有名である。

さて、本題に戻ろう。自分のPCがウィルスに感染しないようにするためには、アンチウィルスソフトで対策をして、かつ、怪しいメールの添付ファイルは開かないということでほぼ防ぐことができる。でも、それだけでは、攻撃への備えは十分ではない。

今年の6月に、ニコニコ動画やmixiへの不正ログインの問題が報道された。これは、リスト型アカウントハッキングまたはリスト型攻撃といって、他のサイト等から不正に入手したID(メールアドレス)とパスワードのリストを使って、攻撃者がニコニコ動画やmixiへ不正にログインを試みた。ログインができてしまうと、自分の登録情報(名前、住所、性別、生年月日、クレジットカード情報など)が閲覧され、それをもとに、なりすまし、金銭の盗難などの被害に遭ったり、新たな攻撃の対象になったりすることが考えられる。ニコニコ動画の場合、ポイントの不正使用という被害が実際に報告されている。

不正ログインの被害に遭わないためには、パスワードの使いまわしをしないことが鉄則と言える。これは、何年も前から言われていることである。(←なのに、ほとんどの人は使いまわししているのではないだろうか。)

普通の人が覚えられるパスワードの数は3つとか4つ、せいぜい、5つくらいまでと言われている。自分自身、覚えようと思えば、覚えられるのだろうけど、実際には、たぶん3つを使いまわしている。そして、「これはどのパスワードだっけ?」と忘れることもよくある。そして、重要なサイト(金銭がからむ、とか、仕事で重要、とか)については、パスワードをメモっている。

そして、今年の始めから、某社のパスワード管理をするソフトウェアをPCにインストールしている。登録したサイトのIDとパスワードを記憶しておいてくれて、各ブラウザにプラグインが入っていると、代理入力してくれるというソフトウェアである。便利は便利だが、もっと素晴らしいソリューションはないだろうか!?と日々、考えている。と言うのは、セキュリティレベルが上がっていると思えないから。だって、結局パスワード変更しないから。

企業向けであれば、弊社で取り扱っている、i-Sprint社のAccessMatrix USOであれば、社内で利用する各アプリケーションのIDとパスワードをデータベースに安全な形で記録し、そのアプリケーションを起動すると、USOクライアントと言うソフトウェアが検知し、自動的にIDとパスワードを代理入力する。また、パスワード変更画面にも対応しており、現在のパスワードが自動で代理入力されるから、新しいパスワードだけ入力すれば良く、かつ、この新しいパスワードもUSOが覚えていてくれる。そして、USO経由でログインしたログが残るから、誰がどのアプリケーションを利用したか簡単に確認できるようになる。

とは言っても、AccessMatrix USOを使うには、AccessMatrixu USOにログインする必要があり、この最初のログインのIDとパスワードは厳重に管理するとか、二要素認証を導入するとかの工夫は必要だろう。

最後に、パスワード管理だけではサイバー攻撃に備えることはできない。ただ、個人ユーザーとしても、企業ユーザーとしても、比較的簡単に実施することができるという意味では是非対応すべきだと思う。私自身も、パスワード管理ソフトを使って満足するだけでなく、パスワードメモ帳の整理・管理に加え、各サイトで同じパスワードを使わないことと、定期的なパスワードの変更を実施しようと思う。

<参考> 2014年版 情報セキュリティ10大脅威(IPA)

  1. 標的型メールを用いた組織へのスパイ・諜報活動
  2. 不正ログイン・不正利用
  3. ウェブサイトの改ざん
  4. ウェブサービスからのユーザー情報の漏洩
  5. オンラインバンキングからの不正送金
  6. 悪意あるスマートフォンアプリ
  7. SNSへの軽率な情報公開
  8. 紛失や設定不備による情報漏えい
  9. ウィルスを使った詐欺・恐喝
  10. サービス妨害

 

外資系企業(IT業界)との付き合い方

外資系企業の日本法人との付き合い方が難しいのは、おそらく、

  • 本社の意向に振り回されやすい
  • 本社の製品の開発計画や技術情報など入手しにくい
  • 日本独自のニーズを理解してもらいにくい
  • 売上目標を到達しない状態が続くとクビになる → 営業の離職率が高い

といったあたりだろうか。

買収企業との付き合い方の話にも通じるところがあるが、日本法人が絡むより、海外の企業と直接取引する方が、何かとビジネスがスムーズだ。理由としては、外資系のIT企業の多くの日本法人は、結局のところ営業拠点でしかなく、決定権がそれほどないということが挙げられる。

つまり、外資系企業の本社と直接コミュニケーションを取ることができれば、双方、情報がスムーズに行き来し、こちらの要望も理解され、相手側の事情もよく理解できる。それがその間に日本法人が入ってしまうと・・・、もう一社増えることにより、伝言ゲームの参加者がもう一人増えるような状態になることもある。

当然、いいこともある。例えば、日本と海外の違いを吸収し、双方の言い分をよりソフトに”翻訳”し、トラブルにならないよう円滑に進めてくれることもあるだろう。

結構残念なのは、製品開発計画や、技術情報のやり取りだ。日本法人はいろいろとある製品を網羅して担当しなければならないから、ある製品のスペシャリストがいなかったりする。そうすると、長く代理店をやっている会社の技術者の方がその製品に関して言えば、歴史を含め、理解が深い。日本法人経由で情報をもらっていると、なんだか、だまされているような、十分な情報が来ていないような気になることがある。

販売後の技術サポートでも、本社のサポートに聞けば、すぐに解決することが、日本のサポートに聞くと、まず発生している問題について日本のサポートが理解するのに2-3日かかり、それから、本社側にエスカレートされるというようなことがあった。つまり、日本法人を経由するだけで、2-3日無駄な時間を過ごしてしまったということになる。

それ以外に残念なのは、日本法人の営業担当者をお客さんに紹介して、その後、すぐに直接コンタクトされることだ。そんな非常識な人はあまりいないけど、営業へのプレッシャーがきついという某社は、アカウント営業も製品担当の営業も、そういうことを平気でする人達がいて(多数派ではない)、本当にがっかりだった。

ところで話が反れるが、外資系企業との付き合い方も難しいが、日本の企業の情報システム部門との付き合い方もなかなか難しい。(特にストレート&ダイレクトにものを言いたい私には)

一つの理由はカスタマイズに関する考え方が日本と海外では大きく異なるからだとよく言われる。我々が販売しているソフトウェアは、所謂パッケージ製品と言って、購入してインストールして設定すれば、使える。新たに何かプログラミングすることがない。ただし、そのままでは、もしかすると業務にぴったりしないかもしれないから、使い方を工夫してもらったり、企業側のルールなどシステム以外のところで対応してもらう。これを運用で逃げる、などと言う。現実的で賢いお客様は大体対応してくれる。それが、どうしても、現時点での運用方法を変えたくないというお客様は製品をカスタマイズする。すると製品本体の数倍もするカスタマイズ費用がかかったりする・・・。そして、時には、パッケージ製品を買わずに、自分達の会社向けにシステムをゼロから開発する方が安くなり、それを選択する場合もあるらしい。そのあたり、海外とは大分違うと、日々実感する。

そんな日本と海外との違いをうまく説明して、吸収してくれるような営業&技術が必要だけど、案外足りないのが現実だと思う。

そして、現実的に、外資系企業とのビジネスで私が心がけているのは、

  • 技術情報等は積極的に入手する努力をする。
  • お客様への同行訪問はお願いしない。(直接コンタクトされないよう)
  • 本社側への交渉が難しそうな場合は、交渉手順というか、ロジックまで考えて、日本法人の担当者に依頼する。
  • 本社側の人(例えばプロダクトマネージャー、サポート担当者)を紹介してもらえる時は、紹介してもらう。

といったところか。

Benodet

 

 

 

#偽2ch騒動 西村博之はどこまで2chに依存しているのか考察してみる。(確認編

西村はネットで2ちゃんねるがなくてもそれ以外にもすることがあるとネットで語っています。

雑 談 専 用 ス ッ ド レ ★ 24
(http://sweet.2ch.sc/test/read.cgi/patisserie/1398291398/)

156 名前:ひろゆき@どうやら管理人 ★:2014/04/24(木) 15:14:26.43 ???
削除人を専業の人にするのが良くないって話もそうなんだけど、
2chの作業しか出来ない人って人として駄目だと思うんですよね。

157 名前:ひろゆき@どうやら管理人 ★:2014/04/24(木) 15:15:39.14 ???
おいらは、ニコ動にかかわってみたりとか、
ブラジルは、検索エンジン作ってたり、ガジェット通信やってたりとか、
社会といろんな接点を持っていたりとか、
2chが無くても困らないようになってたりするわけですよ。

311 名前:名無しさん:2014/04/24(木) 16:27:11.51 LUfIm1Slq
>>156-157
西村博之は長期にわたって2chを放ったらかしてたのに、
2chの作業すらできてなかったね

薬違法板の件は依頼メールを放置してたからああなったわけだと思うし、
scみたいな本来不要なものを作る羽目になったのも、
抜け道みたいな邪道なことばかりやってたからかなと

んで、2chが無くても困らないと言いつつ、急に権利がどうこうとか主張してておかしな話だ
個人にしろ企業にしろ、無くなったら困るから裁判どうこう言ってるんだろうに
確かに権利はあるのかもしれないけど、
あまりにも2ちゃん住民を軽視しすぎてる気がするわ

ここで冷静にじゃなんで「急に権利がどうこうとか主張してておかしな話だ」と返されています。ここまで検証しているのと同様西村はいつもの様に質問者が求めている回答には程遠い回答をします。

335 名前:ひろゆき@どうやら管理人 ★:2014/04/24(木) 16:32:03.31 ??? ?S★(1144903)
>>311
依頼メールって実際に存在したんですか?
削除の窓口も複数あって、警察の人も知ってたのに、
誰一人、そのメールは見てないんですよね。

引用;省略

質問者に一番の疑問はなぜ今になって権利を主張するのだということだと思うのですが、実際にあったであろう事柄についてのみ回答しています。

西村は常に回答に困ると話をはぐらかしますが、はぐらかすということは逆に彼が触れてほしくないところについて質問しているとも取れます。

2ちゃんねる以外にも仕事はあるが、2ちゃんねるは重要なパートであるからこそ、今になって権利を主張しているのだろうと考えています。

今回の騒動で西村が失う収益の確認

続きを読む #偽2ch騒動 西村博之はどこまで2chに依存しているのか考察してみる。(確認編

#偽2ch騒動 西村博之の誤算は何だったのだろう?

いままで何回かに分けて偽2ch騒動について書いてきました。もともと書き始めた理由はなんか興味があったからですが、思いのほかアクセスがあったのと、調べていくうちにいろいろ書きたいことがでてきたから書き続けています。

そろそろいままで書いてきた内容について整理したいと思っていましたが、その前に西村が取った行動を振り返ってみてなにが彼の誤算であったかについて考察してみたいと思います。

西村は2ch.netの権利を主張し、実際に運用管理しているジムの悪口を言っています。ただし現実としては西村の発言に対して多くの人はリスペクトしていないようです。

なぜリスペクトされていないかを考察する前に西村が想定していたであろうことと現実起こっていることの違いについて考察したいと思います。

想定していたことは何だっただろう

続きを読む #偽2ch騒動 西村博之の誤算は何だったのだろう?

#偽2ch騒動 株式会社ホットリンクの発言について思ったこと

いままで、何回か2ch.netのことについて書いてきました。

いままで西村がどのように「2ちゃんねる」の責任についてどのように考えているか考察を続けていて、それを●やp2にの話とあわせて考察しようと思っていましたが、昨日ある発表があったので予定を変更して「ホットリンク」について書きたいと思います。

Twitterと2ch専門「炎上検知サービス」始まる–24時間365日監視 – CNET Japan

株式会社ホットリンクはソーシャルメディアの書き込みを分析する会社です。個人的にはそのようなニーズはあんまりないと思っています。

ゴミの中から宝は見つかるの?-ソーシャルメディアのビッグデータってなんだろう

実は今回発表された内容について、2ちゃんねるを対象にしたサービスであることを謳っていますが、彼らがいう「2ちゃんねる」とは何か?というところに疑問点が持たれる可能性があることが問題だと思っています。

そのことについて言及した記事は、問題の発表前にアップされています。

echo-news – ホットリンク社「2chデータは.netとsc双方から取得中」「 ガーラは14、5年前から2chデータを商用利用」「西村氏らによれば、所有権の問題はない。弊社も同意見」続きを読む #偽2ch騒動 株式会社ホットリンクの発言について思ったこと

#偽2CH騒動 ひろゆきこと西村博之がいいたいことを整理してみる 3) 権利は西村にあると思っているのは自由だがそれに対する責任はどう考えているのか?

西村が2ちゃんねると2ch.netに対しての主張によると諸権利はすべて西村と彼の会社であるパケットモンスターがあるらしいです。

けど権利がある以上、普通に考えればそれに伴う責任があるのも事実です。これは法的な話しだけではなく、一般常識といってもいいかもしれません。

そもそも管理者が悪かった場合、最終的な責任を追求されるのはその組織で一番権限がある人だからです。大企業でも問題が起きたとき担当者だけではなくその組織のトップが対応するところから見てもそれはおかしいことではありません。

西村の書き込みを見ていると責任を問われたくないのか権利と管理の問題をごっちゃにしているといって話しをはぐらかしていますが、本当にはぐらかしているのは西村といってもいいでしょう。

「昨今の2ちゃんねるの現状に関して。」(http://www.2ch.sc/www2chscindex.html)で西村はこういっています。

2ちゃんねるのサーバとドメインは株式会社ゼロのレンタルサーバサービスを借りて運営されてきました。
月額2万ドルという契約で10年以上その関係は続いてきました。

これは契約内容について記載されています。ここからいろいろいくら支払ったか書いています。このあと権利について書いています。

2ちゃんねるの諸権利は、西村博之ないしパケットモンスター社に帰属するものであり、株式会社ゼロ及び、NTテクノロジー社に権利を譲渡したことはありません。

よって、彼らはサービスとドメインの違法な乗っ取りをしているというのが、現状の2ちゃんねるです。

以上のように、彼らは2ちゃんねるの正当な権利者ではなく、サービスを乗っ取った不法行為者ですので、2ちゃんねるに関して、なんらかの方針を主張したとしても、なんの効力も発揮しません。

彼らが正当な所有者であると主張する可能性はありますが、西村博之ないしパケットモンスター社からの権利移転の契約書並びに対価の支払い証明を提示できるか確認して頂ければ、どちらの主張が真実かは明らかであると思います。

この文章を読むと西村は株式会社ゼロ経由で契約していたことを説明していますが、株式会社ゼロはレンタルサーバーの業者にようにしか見えません。

この文章を見ると西村は2ちゃんねるの最高責任者であるように思えるのですが、2ch.scでの書き込みをみると管理責任はないと考えているような書き込みもあります。

「不具合報告スレッド2」
(http://sweet.2ch.sc/test/read.cgi/patisserie/1397265138/)

401 名前:名無しさん:2014/04/14(月) 23:47:12.83 dliX6adlh
>>391
まだ権利が云々言ってる人がいるので確認ですが
管理運営はやめたが諸権利はずっとひろゆきorパケモンが所持しているって理解であってます?

419 名前:ひろゆき@てすとくん ★:2014/04/15(火) 00:27:45.80 ???
>>401
権利所有者と管理人って別の事柄なんですけど、
ごっちゃにしてる人が多いようで。
んで、権利はおいらとパケモンで持ってますよと。

省略

このやり取りを見ていると管理に対しての責任はないと考えているようにも見えます。一方で運用についてはジムにはないと説明しています。

「雑 談 専 用 ス ッ ド レ ★ 5」
(http://sweet.2ch.sc/test/read.cgi/patisserie/1397402663/)

807 名前:ひろゆき@どうやら管理人 ★:2014/04/16(水) 08:27:55.26 ???
>>794
>あなたは、2ちゃんの開設当時から現在まで、2ちゃんの所有権は自分にあると考えていますか?

法廷で明らかにー。

>あなたは、今でもJim氏に、2ch.netの運営を委託しているという認識でしょうか?

過去から現在まで、運営を委託したことはないですー。
>あなたは、現在Jim氏に対して民事訴訟を起こす準備をしていますか? それはなぜですか?

ドメインの管理権および、サーバ内のデータの利用権の復帰ですね。

掲示板で書き込んでいるので西村がどこまで責任があると思っているのかわかりませんがこのあたりは明確に説明する必要があると思います。

2ちゃんねるが西村に戻ってくるには?

続きを読む #偽2CH騒動 ひろゆきこと西村博之がいいたいことを整理してみる 3) 権利は西村にあると思っているのは自由だがそれに対する責任はどう考えているのか?

#偽2ch騒動 お知らせ とりあえずgoogle+ でコミュニティを作ってみました。

もともとgoogleのwebマスターツールを作ったときにgoogle+に登録していると作者として登録されるので本格的には使っていないですがgoogle+を利用していました。

WEB管理者ならばGOOGLEのツールを使いこなそう、無料だし

google+には2ちゃんねるのコミュニティはあったのですがこの騒動のことを中心にしたコミュニティにしたかったので作ってみました。

偽2ch騒動を語ろう – コミュニティ – Google+

いままでどおりtwitterでもブログの更新はアップしますが、同時にこちらのgoogle+ のコミュニティでもアップするのでよろしくお願いいたします。

google+ 登録をご検討ください

youtubeはグーグルなので比較的簡単に貼れると思うのとそのほかのgoogleのサービスとの連携も高いと思います。

webサイトを作っている人はgoogle+ に入っているほうがいいかもしれません。というのはgoogleの検索にはコンテンツの質を図るために作者が誰だということとその作者の得意分野を判断して検索エンジンの順番を決めるように計画しているようです。

詳しくはまた調べてこのあたりのことについて書いてみます。

どちらにしてもgoogle+に興味を持ったのなら登録しても損はないと思うのでよろしくお願いします。

ゴミの中から宝は見つかるの?-ソーシャルメディアのビッグデータってなんだろう

最近、ビッグデータについてに記事をよく目にするようになりました。今回たまたま書いた騒動についてもビッグデータを扱う会社が出てきたりして表題のようなことを考えさせられることがありました。

自分がSNSで書いているようなことは、不特定多数の大部分の人からはゴミのようなものであり、その書き込みをみて何か答えが見つかるかといえば、私がどのようなことを考えているかぐらいのことは見つかるかもしれませんが、それを知ったところで特に重要なデータとも思えません。

私のようなユーザーが100人いても1000人いてもそのデーターが役に立たないような気がします。

そこで今回はそのソーシャルメディアに書かれたデーターが何に役に立つか考えてみたいと思います。

まずSNSとはなんぞやについて考えてみる

続きを読む ゴミの中から宝は見つかるの?-ソーシャルメディアのビッグデータってなんだろう

#偽2ch騒動 ひろゆきこと西村博之がいいたいことを整理してみる 2) 2ch.netの譲渡証明って何?

西村は2ch.scで2ch.netを譲渡したと言うのであればその証明をしろと主張しました。

自身の責任を果たさないようにするために実は西村自身の会社に譲渡したことを公言したり、自身は公言していないがRace Queen社に2ch.net のドメインを譲渡したように見せていたので彼がいっていることをそのまま鵜呑みにするのは難しいです。

結果からいうと今公開されている情報だけを見るとドメインについては残念ながら西村にはなんの権利もないと言わざるをおえません。

2ch.netが誰が持っていたかそして誰が持っているかについては、公開されている情報だけではなんとも言えません。

ただ、西村が関係する会社が西村は管理人でもないと訴えた裁判があるのでその点を考慮すると個人的には西村の主張を聞いてなにか違和感を感じる人も多いのではないかと思います。

ジムと西村の間には何らかの契約がありそれが公開されるまでは何が正しいかと言うのは難しいですが、公開されている情報と西村の2ch.scの書き込みをみて検証したいと思います。

譲渡されたなら譲渡契約書は?って譲渡契約書ってなんだっけ?

続きを読む #偽2ch騒動 ひろゆきこと西村博之がいいたいことを整理してみる 2) 2ch.netの譲渡証明って何?

#偽2ch騒動 ひろゆきこと西村博之がいいたいことを整理してみる 1) 2ch.netは譲渡していないよ、だって公言していないもん

西村はどうも第三者がどう思おうが関係なく独自の考え方で2ch.netは譲渡されていないと思っているようだ。

問題は西村が第三者がどのように思って違和感を持っているか理解できていないか、またはそれを認めてしまうと西村に2ちゃんねるの諸権利があるといった説明が出来ないからだ。

私はいままで西村の表現に対して違和感を持ち、そのことを説明してきたが多分西村が私の記事を見ても違和感を持つだろう。違和感を持たなかったとしても彼は立場上認めるわけにはいかない。

スレでの議論で西村と話しても永久ループになるのではないかという言及があったので紹介したい。

「不具合報告スレッド2」
(http://sweet.2ch.sc/test/read.cgi/patisserie/1397265138/)

522 名前:ひろゆき@てすとくん ★:2014/04/15(火) 01:46:09.65 ???
>>513

法的な場で決着をつけることなので、
法的な判断の知識のない人が、「俺が理解出来ないのでだから、お前が悪い」
みたいなことを言われても、おいらにはどうしようもないです。

法的に証明する手段は、おいらが2chを作ったことを証明するだけで
十分なので、
>証明する手段はあるのか?
にはイエスになります。

910 名前:名無しさん:2014/04/15(火) 09:28:56.12 g/PfF72Ci
>>906
>>522

(話のループはお腹いっぱい)

906 名前:名無しさん:2014/04/15(火) 09:22:21.17 CpDT53f5X

>>900
それは2chの権利が自分にあるって証明できる書類がないという意味か?
それを出せば終わる話なんだが?

915 名前:名無しさん:2014/04/15(火) 09:31:49.29 CpDT53f5X
>>910
2chの権利があることを証明する手段はある

だが今は言えない
2chに対してどんな権利があるかも言えない
自分の正当性を証明してユーザーにアピールしないと誰もついてこないのに
何一つ具体的な話が出てこない
だがDDoS攻撃まがいのコピーは続ける

こんな人間を信じるバカがいると思ってるのか?

923 名前:名無しさん:2014/04/15(火) 09:39:42.07 g/PfF72Ci
>>915
> だが今は言えない
> 2chに対してどんな権利があるかも言えない

法廷で明らかにすればいいことだと思う

925 名前:名無しさん:2014/04/15(火) 09:42:49.43 CpDT53f5X
>>923
本当に法廷で明らかにする気なんかないだろ
いつやるかもいわないどころかどんな罪状かもいわない
自分にどんな権利があるのかすら言わずに著作物の窃盗は続ける
そのうちやる、時間がかかるでお茶を濁す

こんな奴に法廷で明らかにできるどんな内容もありはしないわ

ちょっと長い引用になったが西村は『法的な判断の知識のない人が、「俺が理解出来ないのでだから、お前が悪い」 みたいなことを言われても、おいらにはどうしようもないです。』といっているが彼のいう法的とは第三者がどう思うかは関係がなく西村が信じることということがわかるのでないかと思う。

結局、第三者がどう思うかなんてことを無視して話しをする西村の話しをみて彼がいうことが正しいとは思えないし、思う人も少ないので2ch.scに移動する人も少ないのだろう。

2ch.netのジムの役割をどのように理解しているか?

続きを読む #偽2ch騒動 ひろゆきこと西村博之がいいたいことを整理してみる 1) 2ch.netは譲渡していないよ、だって公言していないもん